『BLUE』はdesign of Basic Life in Urbane Environmentの頭文字。
敷地条件、周辺環境、時代背景、お施主様の要求をふまえて、
現代建築の在り方を検討しながら設計作業を進めていきます。

基本的には居心地のいい空間をつくること。

打合せ→プランニング→設計→施工と進んでいきますが、はじめの打合せがとても重要に考えています。
ヒトそれぞれの「感覚」。その「感覚」をつかみ取り、「カタチ」に仕上げていく作業。
この時間を大切にしたいと思っています。

家に合わせて住まうのではなく、ヒトに合わせた住まいをつくる。
家は「買う」モノではなく、「つくる」モノです。
一生にそう何度も経験をすることのない「家づくり」。

奇をてらわず、時代に流されず、そのような建築をお施主様と施工者とともに
時間・思いを共有しながら創っていきたいと考えています。
ブルーアーキテクト 代表 皆見 麻衣